アーバンアーキテックの建築する「住まい」の家賃は、どうしてそんなに「安い」のでしょうか?WEBセミナー(基本編)

 

アーバンアーキテックにご相談ください!お問い合わせはこちらから
ページの先頭へ戻る

「安くする」には、理由があります。

安くする理由・・・・・それは、私たちアーバンアーキテックは、人生の大先輩である高齢者の方々に安心して過ごせる「終の住処(ついのすまい)」をなるべく多くの方に提供したいと、心から願っているからです。

ご存知ですか?

全国には、特別養護老人ホームに入所したいと希望しても、入所できない高齢者が約42万人もいます。

昨今、国会中継では全国で毎年数万人もの待機児童問題が大きく取り上げられています。その児童の数は、2~4万人もいると言われています。もちろん、これもまた大きな問題です。働きに行きたいのに、働きに出られない家庭の主婦(主夫)が多くいることは、社会の損失でもあります。深刻な状況です。

しかしながら、待機高齢者の数は、桁違いです。さらに増加の一途をたどっています。特別養護老人ホームの待機年数は平均5~7年とも言われています。特に首都圏を中心に待機高齢者の数は、毎年急増しています。

私たちアーバンアーキテックは、この人生の先輩方に、なるべく今までの生活を大きく変えることなく、安心で安全に住み続けられる住まいを経済的な負担をなるべく抑えて提供することを目指し、社会貢献したいと考えています。

自宅に住み続けながら「介護を受けたい」と思っても、希望する介護サービスを受
ることができない高齢者がいます。
この方々を「介護難民」と呼びます。


いつの日か、この日本から「介護難民」をなくしたい!

私たち社員は、このように想っています。

全国各地には、高級な有料老人ホームがいくつも建っています。

全国には42万人もの高齢者が施設に入居して、希望する介護サービスを受けたいと希望しているのに、なぜ?なぜ?なぜ?

なぜ?有料老人ホームに入居せずに、5年も6年も特別養護老人ホームの部屋が空くのを待っているのでしょうか?

その答えは、とてもカンタンなことでした。

値段が高すぎたのです。もっと普通の人が入居できるくらいの家賃にして欲しいのに・・・・

私たちは、年金生活をしている多くの高齢者が、特別養護老人ホームの部屋が空くまで、待ち続けていることを知っています。

この介護難民と化している人生の先輩方に、できるだけ今までの生活を大きく変えることなく、安心で安全な住まいを提供したいと考えているからこそ、豪華な家具をつけてみたり、目の覚めるような大きな吹き抜けのある建物を創る必要はないのではないかと考えます。

実は、入居するための家賃が高くなる理由は、建築費が高すぎるからです。

豪華な建築物は、建築費が高くなります。

高い建築費は、誰が支払いますか?入居者です。

普通の年金生活をしている高齢者にとって、高額な家賃は、経済的に支払いが出来ず、入居が不可能になってしまうのです。

普通の年金生活をしている高齢者にとって、豪華な家具は、必要ですか?大きな吹き抜けは本当に必要なのでしょうか?

もし、あなたの住む地域に、特別養護老人ホームと同じくらいの金額で、生を閉じるまで住み続けられる安心の住まいが建てられたら、すばらしいと想いませんか?もちろん、希望する介護サービスも受けられるとしたら・・・。

建築会社なのに、こんな会社があったのか?と、驚かれるほど、高齢者の抱える問題と正面から向き合って仕事に取り組みたいと考えている!そんな会社だからこそ、家賃を安くできるのです。

あなたの地域にお住まいの大先輩を、笑顔にする高齢者向け住宅創りのお手伝いします。

私たちを利用して、是非、笑顔の絶えないサービス付き高齢者向け住宅を運営してください。

アーバンアーキテックにご相談ください!お問い合わせはこちらから
ページの先頭へ戻る

サービス付き高齢者向けとは?

サービス付き高齢者向け住宅とは、高齢者の入居を拒まない「高齢者円滑入居賃貸住宅」のうち、専ら高齢者を賃借人とする賃貸住宅をいいます。

サービス付き高齢者向けとは?

高齢の単身者・夫婦世帯に賃貸する住宅の普及を目的とし、その供給主体は民間となっています。

2005年には「高齢者の居住の安定確保に関する法律(高齢者居住法)」が施行され、適合高専賃(サービス付き高齢者向け住宅)の基準が定められています。

高齢者向け住宅が必要とされる3つの理由

現在、自宅で介護を受けたいと思っていても、希望する介護サービスを受けられない高齢者を「介護難民」と呼びます。高齢者向け住宅は、介護難民をなくすことが可能な高齢者住宅です

高齢者が増加し、日本は超高齢社会に突入した

2050年までに高齢化率は約40%になると予想されています。

高齢者が増加するが、受け皿が不足する深刻な状況

介護療養型病床が全廃、医療療病床(現在約25万室)が10万床廃止。介護型老人ホームは総量規制、介護老人保健施設は入居が半年が限界、特別養護老人ホームは待機者が多数いるという現在の状況で高専賃(サービス付き高齢者向け住宅)はその受け皿となることが期待されています。また同居世帯も600万世帯にのぼります。

介護事業者・医療法人・アパート経営者の経営の効率化

サービス付き高齢者向け住宅事業を始めることで、不動産賃貸業、家事生活サービス、療養病床転換などの保険外サービスでの収入アップだけでなく、診療報酬の増加やケアプランの強化など既存事業も強化出来ます。

つまり、今時流にのった事業です。そして高収入の見込める事業です。なおかつ既存事業と相乗効果がある事業なのです。

 

page top