1. TOP
  2. 障がい者住宅

障がい者住宅についてご案内します

障がい者向けマンションについて

今なぜ障がい者住宅が土地活用として注目されているか?

 <7つのポイント>
  ① 人口減少にあって、障がい者人口は増えている。

  ② 障がい者の雇用が企業で見直され始めている。
  ③ 全国の障がい者グループホームの入居率98%以上
  ④ 退去率が低く、長期安定入居・収入が見込める。
  ⑤ 集合住宅のような管理の煩わしさほとんどない
  ⑥ 老朽・経年劣化しても家賃下落は少ない
  ⑦ 社会的問題の解決に貢献できる。

障がい者環境にとりまく現状

  人口減少にも関わらず.障がい者人口は増え続けている。
     →現在、936万人・・・発達障害・難病まで入れると、1,200万人とも言われています。

  国の施策として障がい者施設を作らない。(自立)方向へ
     →障がい者の地域移行及び、生活(住まい)・就労・高齢障がい者対策が急務の現状

  障がい者グループホーム供給率=2%弱(発達障害含まず)
     →行政に確認すると、「建てて欲しい」という声が多い・・・親御さんからのニーズ高い。

 つまり、

  障がい者向け住宅が、まだまだ少ないため需要があります。

アーバンアーキテックの提案

  障がい者の住まいをより多くの方に提供するために・・・
  また、長期安定し地域に貢献できる土地活用方法として、高齢者住宅の建築・運営ノウハウを生かして当社が開発しました障がい者向け住宅。
   その名も、当社が提供する障がい者サービスのブランド「えみてる」です。

  「えみてる」とは、微笑を照らすという意味の造語です。
  障がい者の方がごく普通の生活を送りながら、必要な支援を受けられる、そんな新しい形の住まいのブランドとして立ち上げました。

えみてる柏たなか【2019年8月入居開始】

サービス付き福祉マンション|えみてる柏たなか
千葉県柏市大室1丁目14-8 つくばエクスプレス柏たなか駅、徒歩8分

 

  • 食堂
  • 室内
  • 廊下

 

えみてる柏たなかWebサイト https://www.emiteru.com/